[

[ 揚村鰹節商店 ] 燻して、干して、約半年。手塩にかけた香り高い熟成かつお節

鹿児島県枕崎市はかつお節生産量日本一。およそ50軒ほどのかつお節工場がコンパクトな市内のあちらこちらにあるので、いつも芳ばしい香りがまちを漂っています。

揚村鰹節商店さんもそのうちのひとつ。工場は東シナ海に面した旭町にあり、すっきりと晴れ渡った日には付近から硫黄島、屋久島まで眺めることができます。
揚村さんは、枕崎の空の青、海の水平線、山の緑、美味しい空気が大好きなのだそう。
「揚村(あげむら)」という苗字は、工場のそばに今はなき水揚げ場があったことが由来なのだとか。

揚村さんがメインに作っているのは、かつお節のなかでも最高級品と言われている本枯節。
良質なカビ付けと天日干しを繰り返すことでカツオの旨味を閉じ込め、熟成させていきます。
すべての工程が手作業で行なわれ、完成までなんと4ヶ月から6ヶ月ほどかかる、まさに渾身の一品なのです。

「勝殿節勝姫節と削り器のセット」では、少し小振りな本枯節を2本(カツオの背中部分「男節」とお腹部分「女節」)と、初心者でも使いやすいかつお節削り器をお届け。
自分で削ったかつお節の美味しさは格別!削りたてならではのフレッシュな香りをたっぷり楽しんでください。

揚村鰹節商店 / 揚村博郎さんよりメッセージ

枕崎を後にして頑張っている皆様、故郷は人口こそ少なくなりましたが、漁港をはじめ、かつお節やお茶、焼酎など品質向上や事業拡大など、市民みんなで努力し頑張っています。
地元生産品にももっと興味を持っていただき、機会があれば故郷にも足をお運びください。
故郷への応援よろしくお願いいたします。 おいもおまいも、お互いキバらんならなー

【本枯節】勝殿節勝姫節と削り器のセット

ご購入はこちらから

Categories未分類