鹿児島県 南九州市は2007年に知覧(ちらん)、頴娃(えい)、川辺(かわなべ)の3町が合併して生まれた、人口3万人ほどの町です。
薩摩半島の南部に位置し、鹿児島県の中心部から、車で約1時間の距離にあります。

主な産業は農業でお茶、サツマイモ、大根などの作物が生産されています。中でもお茶は市町村別の生産量日本一で、全国的には「知覧茶」として親しまれています。

緑豊かな町の風景と共存して、市内には様々な観光スポットも。

最盛時には年間100万人以上が訪れた「知覧特攻平和会館」や、2018年には大河ドラマ 西郷どんのロケ地になった「知覧武家屋敷庭園群」

スポーツ選手の来訪でメディアを中心に人気が高まり、釜蓋を頭に載せて参拝する事で話題となった「釜蓋神社」

タツノオトシゴの養殖を見学できる国内唯一の「タツノオトシゴハウス」など、老若男女、様々な世代が楽しめる町でもあります。

鹿児島県 南九州市の特産品をきっかけに、温かなご縁が広がることを願っています。

鹿児島県南九州市の商品はこちら

Categories鹿児島県

コメントを残す